topimage

2011-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡蝶蘭 - 2011.11.28 Mon

そろそろ「いただきもの」というカテゴリを作ったほうがいいかな、と思う今日この頃です。


今度は…胡蝶蘭をいただきました~
といっても、会社のオフィス移転でお取引先からいただいた御祝い花の1つなのですが、
縁あってこの子が我が家へやってきました。

DSC02933.jpg
完全に迫力負けしてるぞなもし…


ちょっとアングル変えて…
DSC02932.jpg
花とぼく。



DSC02934.jpg
美しい…
ずっと見ていないともったいない…と思うような立派な蘭です。


あ、しょぼくれてる…
DSC029382.jpg
お花ばっかり見てつまんない。。。



愛犬がぐれるといけないので、これから夜散歩に行ってきます~。


スポンサーサイト

初冬のいただきもの - 2011.11.27 Sun

今週末からぐっと冷え込んできた気がします。
そろそろ窓を開けて寝るのをやめようかなあ…

さて、本日もいただき物シリーズ。
Paulのシュトーレンをいただきました☆ もうそんな季節ですね~。
DSC02923.jpg
ぼく、シュトーレン食べたことない…



DSC02925.jpg
でも、きっと犬は食べられないんだろうなあ…

お、わかってるね!


DSC02922.jpg
ぼく、いい子ですから!

今日もどや顔ですな~。


クリスマスまで、いろんなお店のシュトーレンを試してみたいなあと思っています☆

晩秋のいただきもの - 2011.11.25 Fri

柿とラフランスをいただきました~♪



早速、記念撮影会。
DSC02911.jpg
ぼく、柿たべたことない…

柿はドイツ語でも Kakipflaume ですね~。日本語から派生したんですね。



DSC029122.jpg
ねえ、どんな味?


犬は知らなくていいの。



DSC02913.jpg
ちぇー。


と、こんな風にセリフをつけて並べると、
ペルレが柿や洋ナシを食べたがっているように見えるかもしれませんが、
実際はほとんど興味がなく、横にオスワリさせておくので精いっぱいです。
カメラを向けると、ちょっとカメラ目線で落ち着くんですけどね~。


DSC02914.jpg
ぼく、いい子ですから!

う~ん、どや顔!



ではみなさま良い週末を!



おかしら付き - 2011.11.24 Thu

今日は鯛の尾頭付きで…
DSC02905.jpg

ちなみに、本犬が真摯に見詰めるなか、このたい焼きは一度引っ張り出され、
半分にされ、細かーく刻まれてフードとまぜまぜされました。

まんべんなく食べないとね。

お誕生週間 フィナーレ - 2011.11.22 Tue

この日は夜お茶会を開催しました。
DSC02902.jpg
ロブションのパンとケーキ…おいしかったです。
ぺるちんのお陰で今週は美食したなあ…



プレゼントも沢山いただいてしまいました。
トナカイのおもちゃ、犬用たいやき、犬用トリュフ、犬用クリスマスのクッキー2種。
DSC02900.jpg
本当にありがとうございました→ܫ←



あー、もう悪い子MAX!
0006.jpg
たいやきがかなりいいにおいのようです。



たいやき~
0004_20131111081425d41.jpg
ちゅ~ (そしてバクり、でした)


明日からまた粗食の生活に戻らねば。
ぺるちんはいただいたお菓子のトッピングで当分楽しいお食事を続けられそうです。


オンマウスの練習 - 2011.11.21 Mon

お誕生会のついでにお客様とお散歩に行って、夜道で写真をとってもらいました。

フラッシュ撮影で期待どおりリーサルイヌポン登場!

オンマウスでビビビが出ます~。
出来た出来た♪

とこうしている間にも、本体が私の周りをウロウロとしていますので、これから夜散歩に行ってまいります。


月刊PerPerpe 2011年12月号 - 2011.11.19 Sat

先日Upした月刊PerPerpeには大反響をいただきありがとうございました。
というわけで、つい、出来心でやってしまいました…12月号。

Perperpe 201112-4
(クリックで大きくなります)


美容院や電車の吊り広告で雑誌のキャッチコピーを目にするたびについついPerPerpeのネタにならないか考えてしまう今日この頃です…

雑誌の中では家庭画報、25ansなんかが好きですが、
どうも気になるのが25ansオリジナルの「エレ女」という表現。

「エレガンス派女子」の略語だそうで、「エレ女のコート」とか「エレ女のたしなみ」などと使われるようです。
しかし、この「えれじょ」という音自体、どうも美しくないというか、エレガンスの片鱗も感じられないと思ってしまうのは私だけでしょうか…

まあそんないきさつで、今月号には「エレ犬」をそっと登場させてみました。
なんか、電気で動く犬、みたいな感じですね、「エレ犬」…


ちなみに、Pet Fashion Week NY は実在するイベントのようです…
Pet Fashion Week NY



もう2歳 - 2011.11.17 Thu

気がつくと先週から千客万来なお誕生週間になりました。
みなさまお越しいただきましてありがとうございます。

というわけで、マハラジァのように何日も続く誕生御祝い(←誇張表現…)を開催中です。
DSC02871.jpg
わざわざ麻布で調達いただいたという牛のたたき、おいしかったです~。



DSC02873.jpg
飲食に興じる人間をソファの背からじっと見つめる今日の主役。



DSC02874.jpg
ちょっぴり悲哀がただよってきた今日の主役…



さあ、ではいよいよプレゼント進呈です!
じゃじゃーん☆
DSC02879.jpg
オーガニック犬用クッキー(ベーコン&チーズ味)、犬用バウムクーヘン、あとおもちゃ。



もういいにおいがするのかな…
DSC02878.jpg



まずはバウムから。
豪快にかぶりついてました。目が真剣です。
DSC02884.jpg
ばぅむー!


クッキーも気に入ってくれたようです。
DSC02890.jpg
もう1個くーださーい!



いつもはテーブルに足なんか上げせないのですが(というか乗せようとしないのですが)
年に1度くらいはいいかなあ…ということで。

指揮命令が日々一貫していないと犬が混乱して却ってかわいそう、としつけの本に書いてあったので、
そのあたりは気になるところですが、次の日からも足をかけるようなそぶりはなかったのでまあOKだったかと。



満足してくれたかな?
ちょっとにっこりしているでしょうか…

お誕生日おめでとう~!
DSC02895.jpg

これからも怪我・病気なく健やかに育ってくれますように。。。




もうすぐ2歳。 - 2011.11.13 Sun

お友達が数人、家に遊びに来てくれて、
サンタ服が今年も入るかという話題になりました。


さっそく試着。
DSC02861.jpg
お、大丈夫大丈夫!
この自主抱っこ(自ら抱っこポジションにつくこと)のドヤ顔なこと…



続いて、そろそろだいぶ朝夕冷え込んできましたね、ということでポンチョ。
DSC02864.jpg
今がちょうど良いシーズンかもね…



あーっ。
DSC028672.jpg
あの、僕もうすぐ2歳になるんですけど…

そう、15日で2歳になります~。
ここまで病気一つせず、ありがたいことです。

ちなみに、ここにキジ(小)を挟んだ段階では私たち まだ 素面でした…
愉快な仲間たちです…




月刊PerPerpe 2010年11月号 - 2011.11.12 Sat

そろそろまた犬ブログに戻すためのお写真を撮らなきゃと思いつつ…
昔の画像を整理していて、こんなものを見つけました。

なんちゃって、ペルレの月刊誌を作ったら(表紙のみですが…)

月刊PerPerpe 2010年11月号
PerPerPeNov10.jpg
(クリックで大きくなります)


去年の秋ごろ作ったものです。今年の12月号も作りたくなってきました。
いつもは写真の加工にオンライン写真加工ソフト Picnik を使っているのですが、
Picnikだと日本語の文字入れができないので、
慣れないPicasaを使ってすごく時間がかかった気が…悩むところです。



かわゆいの自覚症状 - 2011.11.08 Tue

今日もいただいたお写真。

風にそよぐ耳毛。くちもとはちょっとだけスマイル。小首をかしげて…
0013.jpg

うーん、自分で可愛いとおもってやってるとしか思えない…
この子たちは、遺伝の過程で鋭い牙やぶあつい毛皮のかわりに「人が保護したくなるかわゆさ」のDNAを強化してきたんでしょうなあ…

続・アイドル - 2011.11.07 Mon

ちなみに、渚のバルコニーじゃないけど、
お散歩のテラスで待ってるね~バージョンはこちら。
0001.jpg

飼い主がいなくてもこんなにイキイキ、ノビノビとして…
ぺるちん、みんなに愛されて幸せな犬です。

アイドル - 2011.11.07 Mon

今日は帰国後にいただいた面会時のお写真の続編を。

なんか、ウフン顔が決まりすぎておもしろかったので、
敢えて80年代アイドルのシングルレコードの表紙みたいなテイストにしてみました。
00242.jpg
なーぎさのーバルーコニィで待ってて~ワン

2011 バイエルンぶらり旅 10日目 (最終日) - 2011.11.07 Mon

10月16日(日)


今日はいよいよ帰国の日です。
飛行機はミュンヘン国際空港から20:55発。
早目にミュンヘンに移動することも考えましたが、もう特に用もないし、街の中は運転も疲れるので、ギリギリまでベルヒテスガーデンで遊んで夕方空港に向かうことに。



日の出前の起床。見えるものが全部、青い…
DSC02744.jpg
ちなみにこの日は朝の最低気温-1℃。牧草地には一面霜が降りていました。




たっぷりの朝食。毎朝美味しくいただきました。
DSC02745.jpg




朝食後にやっと日の出。快晴です。
DSC02749.jpg



チェックアウトの際は毎日親切にしてくれた女主人に「また来るね~」と言ってお別れ。この光景も今日で見納め。
DSC027500.jpg



街へ向かう道に続く緑のトンネル。
DSC02751.jpg



今日の目的はまず第一に「事故、怪我、忘れ物なく無事飛行機に乗って日本に帰ること」。
というわけで、初めての場所は避け、既に行ったことがあり、駐車場の場所や散策の所要時間が分かるところをぶらつくことに。



シャーリッツケール・アルムとホーヘア・ゴル(2,522m)。昨日は歩いてきましたが今日は車でやってきました。
DSC02767.jpg
まだ朝日が谷に差し込まないため、山も陰だし、牧草地の霜もとけていませんでした。




日が差してきました。日が当った場所から霜がどんどん解けていきます。
DSC02787.jpg



この谷の光景はどうしてこんなに惹かれるのか自分でもよくわからないのですが、
そういう場所ってありますよね。
DSC02786.jpg



昨日のトレッキング中は混んでいたので立ち寄らなかったレストランに行ってみることに。
車だと、昨日の森の中の徒歩30分の距離がたったの5分たらず…
それはさておき、赤いお花のテラス席が狙いです。
DSC02781.jpg



開店直後で端っこの席ゲット。
ノンアルコールビールとキャラメルがけアイスクリーム♪
DSC02774.jpg
で、このお席からの眺めというのが…




じゃーん!(これもクリックで大きくなります)
ヴァッツマンの氷河が良く見えますね。
DSC02775_20111106234458.jpg




峠道を下って、今度は一昨日来たヒンター湖。
DSC02795.jpg



午前中と午後ではずいぶん雰囲気が違いました。
DSC02792.jpg



のどかなところです。
DSC02797.jpg




ホッホカルター(2,608m)。
DSC02808.jpg



あっ、ホーヘア・ゴル。こんなところから綺麗に見えました。
DSC02799.jpg




同じ街道沿いのラムザウという集落。
DSC02824.jpg


ちなみに、冬はこんな感じになるらしいです…
壁紙リンク「ラムザウの教会」



民家の壁画。
DSC02836.jpg
そういえばハイツマンさんが「木の切り出しは真冬の仕事だ」って言ってたっけ…



ヒンター湖の近くで遅めの昼食。
DSC02833.jpg

このノンアルコール白ビールをひとりでウマウマと飲んでいたら、
外の席が混んできて、ドイツ人のご家族(お父さん、お母さんと高校生くらいの娘さん)と相席することに。
フレンドリーな人たちで、どこから来たの?からはじまって、沢山お話できました。



茹でソーセージ1人前。最後まで期待?を裏切らない多さ。
DSC02835.jpg

「あれ、フォークがついてない。」と貰いに行こうとしたのですが、そのお母さんに「ドイツじゃこれは手で食べるのよ!」と言われ、「えーっ?本当?」と言いながら食べたあとで写真を撮ってないことに気づいたため、齧りかけのお写真ですみません…


「日本じゃ手で食べていいものはないの?」と聞かれ、「おにぎ…」と言いかけたものの、説明が面倒になり咄嗟に「Sushiは手で食べていいよ」と伝授しておきました。
彼らが日本に来たとき、通な感じでお寿司を箸を使わずに食べてくれるよう願っています。(私はいつもお箸を使っています…)




上空にパラグライダー発見。気持ちいいだろうなあ…
DSC02834.jpg


時間も良い感じになったので、ご一家に見送られつつ空港に向け出発することに。
あとはナビ任せなのですが、いきなりすごい峠道を走らされたので、ここはどこ?と思ったら、ナビには「Alpenstraße」の表示が。
はからずも憧れのアルペン街道を走っていたのでした。



アルペン街道からの眺め。
DSC02839_20111107003557.jpg



このルートのこの眺望は全く期待していなかったので、
山に「またおいで~」と言われているような気がして嬉しかったです。
DSC02840.jpg



あとはアウトバーンA8で一路ミュンヘンへ。(工事のため渋滞停止中)
DSC02844.jpg
道がすいていれば大体130~140km/hくらいで走るのが快適です。
急いでいれば160km/hくらい出してもいいし、もっと速い奴もいるのですが、
アクセルを底まで踏みっぱなし&エンジン音がうるさくなるので、そんなには飛ばさずに走ります。

いつも日本のみなさんに「ドイツでアウトバーンとか走っちゃうの?すごいね。」と言っていただくのですが、実はアウトバーンは車線の幅も広く、とても快適なのでぜんぜん危ないとか怖いとかいうことなはく。

どちらかといえば、制限速度100km/hの一般道(これが普通。だいたい1車線ずつの対面通行。)で後ろから地元民に煽られて、退避箇所を探すほうがよほど疲れます。

そのほか、狭い山道は制限速度70km/h、街や集落の中は50km/h(区間の開始と終了の標識あり)。
集落未満の人家がちらほらあるエリアも70kmの標識があり、併せて「人が渡るかもしれないので気をつけましょう」という標識もあるのですが、70kmでは渡る人に気づいてもちょっと遅いのでは…といつも気になっています。

そして毎回、一般道を100kmで走ることに慣れたころに帰国なんですよね…。


キーム湖のサービスエリアでちょっと休憩。
この愛車とももうすぐお別れ。
DSC02843.jpg



空港近くで給油。ガソリンスタンドはセルフ式しか存在しません。
日本では全部やってくれるところしか行かないので、いつもちょっと緊張。
DSC02845.jpg



「ノーマルガソリンってどれですか?」は毎回隣で給油中の人に尋ねます…Agipではスーパーがノーマルらしいです。
DSC02846.jpg



空港に着いたら、Rental Car Returnの標識を辿って行って無事返却!
今回は全部で684kmしか走りませんでした。長距離移動が目的ではなかったし、この子のおかげで快適な旅でした。
DSC02847.jpg



出国手続き、免税手続き、免税店でのお買い物、全部無事に済んで最後の1杯。
DSC02849.jpg
1杯5ユーロ。あまりの値段に思わず聞き直してしまいました…
これで手持ちのユーロ残高1ユーロ60セント(←残念ながらプレッツエルを買うのに少し足りず…高いよ…)




これに乗って帰ります。来た時と同じBoeing777。
DSC02852.jpg



毎日毎日が楽しかったことばかり。
ありがとうミュンヘン、ありがとうバイエルンアルプスの山々…
DSC02853.jpg



2011バイエルンぶらり好き放題の旅の記録は以上で終わりです。
どの日もずいぶん長い記事になってしまいましたが、最後まで読んで下さった皆様、ありがとうございました。

自分の記録のための絵日記になってしまった感もありますが、
まさに私の旅スタイルの片鱗をお目にかけることができたと思っています。
街でも山でも、多少なりとも興味を持って読んでいただいた箇所があれば光栄です。

また犬の話題をぼちぼち書いていくつもりですので、徒然にご覧下さい。
今後ともペルブロをよろしくお願いします。


2011 バイエルンぶらり旅 ~山の星空編~ - 2011.11.05 Sat

西の空に日が沈んで…
DSC02738.jpg



しばらくすると満天の星空が広がります。
DSC02599.jpg

とりあえず、シャッタースピードを遅くして、カメラを地面に置いて撮ってみることにしました。
右下にはくちょう座の腰から下の部分、左上にケフェウス、中央やや左にとかげ座、左下がペガサスの前足、という星空としてはやや地味な箇所ですがそれなりに写っていました。


三脚があればもう少し撮りたい部分を狙えたのかもしれないですが。
(とだんだん欲しいものが増えてくる…)


DSC026052.jpg
こちらは近くの木が写りこんでしまいまいしたが、はくちょう座が中央一番下に全部入りました。ベガも右はじにかろうじて…あとはやっぱりケフェウスととかげ座、カシオペアは半分、アンドロメダは右手部分だけ入りました。



時間的に早いので夏の大三角もまだしっかり見えるのですが、
外の気温おそらく5℃くらい。こんなに寒い思いをして夏の大三角を見たのは初めての体験でした。








2011 バイエルンぶらり旅 9日目 - 2011.11.05 Sat

10月15日(土)

今日も快晴です。
張り切って8時前に朝食を済ませ、早々とベルヒテスガーデンにやってきましたが、
こちらはまだ少し霧の中でした。


ケーニヒス湖駐車場からの眺め。
右が先日頂上まで行ったJenner(1,874m)、左の奥に白く見えるのがHoher Göll(2,522m)です。
今日のトレッキングの目的はこのHoher Göllの真下の谷までいくこと。
DSC02621.jpg



やぎさんにおはよう。
DSC02623.jpg




時間もたっぷりあるので、まずは軽くケーニヒス湖の端っこのトレッキングコースを1周してみることに。
DSC02625.jpg



DSC02626.jpg



今日は一人歩きなので、迷わないように気をつけないとです。
道しるべの赤マークは「ちょっと険しい」印なのですが、
その横にAussichtspunkt 「眺望ポイント」と書かれては見過ごせません…
DSC02627.jpg



たしかにちょっと傾斜はありましたがまあそんなに大したことはなかったです。
DSC02630.jpg



そして眺望ポイントにやってきました…



DSC02650.jpg



DSC02645.jpg



がんばって登ってきてよかった…

例の船頭さんのトランペットがここまで聞こえてくるのですが、ここでは木霊は聞こえませんでした。
不思議なものですね。


Jennerが高いせいでまだ湖の一部にしか日があたりません。
もしかしたらもっと遅い時間に来たほうが、水の色は綺麗に見えるのかも…
でも貸し切りの森に貸し切りの展望台だったので満足。



ちょっと降りたところでおやつタイム。
DSC02652.jpg




もう少し降りるとまた展望台がありました。
だいぶ湖面が近くなってきました。
DSC02657_20111105104145.jpg



DSC02656.jpg



湖面の高さまで戻ってきました。
DSC02661.jpg



インフォメーションでトレッキングのルートについて相談してみたところ、
Hoher Göllを見る場所までたどり着くのに、片道1時間半強のちょうど良い(なだらかな)山道があるとのこと。
「他の山も沢山見えるの?」と尋ねると、「最初は森だけどね、後半はパノラマよ、パノラマ!この辺一帯のが全部見えるわよ!」とのことでかなり高まる期待。



とりあえずコース始点の駐車場まで移動。の車内。(信号停止中です)
ヴァッツマン、綺麗な山です。
DSC02667.jpg



このあといきなり急な山道を登って辿りついた駐車場は、ヒトラーの山荘(鷹の巣)行き専用バス乗り場の駐車場でした。
興味がないわけではないけど、金ぴかのエレベーターとかムッソリーニの暖炉とか、特別見たいわけでもないのでのでやっぱり予定どおり私は森の中へ…


森の写真はそろそろみなさん飽きてきたかもしれないので割愛します…
前半は1時間くらいずーっと森の中。



パノラマはまだかいの~。
DSC02669.jpg



あーっ!(このお写真はクリックで大きくなります。)
DSC02670.jpg


左からヴァッツマン(2,713m) ホッホカルター(2,608m)、ライターアルム。
確かにびっくりするようなパノラマでした。
そしてずっとこの景色が続くのかと思いきや、また森へ…

ひたすら歩くこと45分。
急に視界が開けて前方にGöllが見えてきました。
DSC02675.jpg



本でここシャリッツケール・アルムの光景を見て、どうしても来たかったのです。
DSC02689.jpg



谷の一番奥は山小屋レストランになっています。
昼食兼おやつ。
DSC02683.jpg



去りがたい光景…
DSC02681_20111105112403.jpg



また来た道をてくてくと戻ります。
DSC02701.jpg


やや下り坂なのと、またウオーカーズハイになってきたので、1時間半の行程を50分程度で完走。
あー、楽しかった。



またベルヒテスガーデン駅前のReweで夕食を調達。

円高、ドイツとフランスは地続き、シャンパンが安い!
DSC02702.jpg
さすがにひとりでポポーンと開ける気分でもなく0.9ユーロのビールを購入。



昨日と同じお惣菜売り場で、キャベツサラダとじゃがいもサラダを購入。
「一番小さいパックで。」「こんなにちっちゃいのよ」と同じ人と同じやり取り…
あと若鳥丸焼きの半身、たったの2ユーロ。



さて、宿に帰ってきました。
牛のお出迎え。
DSC02706.jpg



あれ、なんか集まってきちゃった…
何も持ってないのに…
DSC02717.jpg



物珍しかったのか…東洋から出稼ぎの新顔おやつ係と思ったのか…
DSC02720.jpg
このクリーム色のぶちの子は懐っこくてかわいかったです。



丸焼き(の半分)は食べるまでホテルの洗面室の暖房器具の間に挟んで保温。
DSC02742.jpg
オイルヒーターを最強にしておいたら結構温かでした。



この旅最後の夕食…
なんか毎日お惣菜だったなあ。しかしこの2ユーロの鶏の想定外に美味しいのなんの…
DSC02743.jpg

サラダ2種は酢で結構水分が多く、塩も効いているのですが、
この鶏肉がかなりあっさり塩味なので、一緒に食べるとちょうど良い具合でした。


この日な夜になっても快晴だったので、ちょっと星を見て、早々に寝ました。
さすがに沢山歩いて疲れていたみたいです。
明日はいよいよ最終日です。


2011 バイエルンぶらり旅 ~山の夕暮れ編~ - 2011.11.03 Thu

バイエルンぶらり気まま旅、最後の3日間は本当に好天に恵まれました。

この日は楽しい山歩きで脳や体が活性化したらしく、
疲れも感じなくて部屋にこもっていられなかったので(ウォーカーズハイ?)
日没まで宿の付近をぶらぶらとお散歩しました。


ホッホシュタウフェンの向こうに太陽が沈んでいきます。
DSC02561.jpg
今日も一日いい日だったなあ…



心の友。アルムの松の木。
DSC02566.jpg
(アルム=高原の牧草地)



影絵のよう。
DSC025742.jpg




DSC02576.jpg



暮れなずむ西の空。少しずつ間隔を置いて撮ってみました。

DSC02580.jpg



DSC02586.jpg



DSC02591.jpg

どの色が一番気に入りましたか?


東の空もまた幻想的。
DSC02589.jpg


日が沈みはじめると気温が一気に下がるので、
最後のほうはフリース、ゴアテックスのヤッケ、ストール、毛糸の帽子、手袋、という完全防備でバルコニーにいました。でもそうしてでも見る価値のある夕暮れでした。


こうして空や景色を見るたびにこのバートライヒェンハルの片田舎にはまっていく私なのでした。











ハロウィンペルレ - 2011.11.02 Wed

そうそう、先日屋外で犬も同席出来るレストランに行ったときに、
ペルレにハロウィンのコスチュームを着せていったのでした。
(これは古くなる前に載せないと!)


道行く人の絶賛の声に、本犬はかなりゴキゲンでした。

image.jpg


スカートがちょい短めなのもご愛敬
image (1)


お誕生月間仕様 - 2011.11.02 Wed

気づけばもう11月。
ペルレのお誕生日ももうすぐ。

お誕生月間ということで、テンプレートをちょっと変えてみました。
旅行記もあと2日分。またのんびり犬ブログに戻れるよう頑張ります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Amochev

Author:Amochev
トイプードルのペルレちゃんの飼育日記執筆中。
ドイツ語学習、天体観測、欧州旅行、コンサート記録なども少し書くかもしれないです。

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (11)
お出かけ (141)
日々 (406)
お花&ガーデニング (21)
ポニーのポーちゃんと河原の仲間たち (67)
動物病院 (10)
食事 (15)
しつけ (9)
お手入れ (32)
用具 (23)
大震災 (17)
引越し (6)
手芸 (23)
月刊 PerPerpe (2)
動画 (6)
トイプーは見た! (9)
かべがみ など (5)
ドイツ旅行記 (31)
英国旅行記 (7)
国内旅行 (17)
帰省 (16)
音楽 (10)
歌舞伎/舞台 (3)
いただきもの (31)
お客さまin仙台 (90)
花散歩 (32)
天体 (4)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。