topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 バイエルンぶらり旅 7日目 - 2011.10.29 Sat

10月13日(木)

今日は朝から大雨。


ホテルの前にて。
牛は雨でも外で平気なんだ…
DSC02274.jpg



急ぐ旅でもないのでまったりと朝ごはん。
卵料理とお肉料理は毎朝なんとなく変わります。
DSC02280.jpg



朝食用レストランの窓から。
季節が良ければ外も気持ち良さそう~
DSC02282.jpg


山には行けないので、ザルツブルクの市内観光に行くことに。
バート・ライヒェンハルからモーツアルトの聖地まで車でたった30分。

大きな地図で見る



平日(しかも雨の日)にお土産のお買い物を済ませてしまうべく、
途中スーパーマーケットReweに寄り道。
DSC02289.jpg



広角レンズにも収まりきらないヨーグルトの棚…
これとはまた別に「チーズの棚」「バターの棚」と信じられないような量の乳製品が続きます。
DSC02290.jpg



ザルツブルク市内にやってきました。
まだ雨なので、とりあえずザッハーのカフェでランチすることに。
こちらはロビー。
DSC02301.jpg
山からやってきた目に豪華な内装が眩しい…



カフェの壁にはここを訪れた各国要人やセレブレティのお写真が。
一番明るい窓の近くは音楽家が占領していました。
やっぱりここは音楽の街なのね…としみじみ…
DSC02294.jpg
あ、ドミンゴ、あ、パバちゃん、カレーラスにレヴァインも。
と眺めているだけで楽しいです。



瀟洒な店内、と私のノンアルコールビール。
DSC02297.jpg



なぜザッハーのカフェでこんなものを飲んでいるかというと…
シュバイネハクセには敗れたけど、やっぱりここでどうしてもウィーン風シュニッツエルをいただきたかったから。
DSC02298.jpg
とてもおいしい。でも多い…
でも頑張って完食しました(おいしくて残せなかったのです)。


食べ始めた時は、食後にもし余裕だったらザッハトルテやリキュール入りコーヒーも頼みたいな~、とか、市内に行けば有名なコンディトライ(ケーキショップ)がたくさんあるから、甘味はそっちでもいいかな~、とか楽しい妄想で一杯だったのですが、これを完食したあとはザルツブルクで甘味をいただく夢は儚く敗れ去りました…無念。



あっ、こんな高級店にも犬が…
DSC02300_20111029191427.jpg
ここでは早速にお願いしてお写真を撮らせてもらいまいした。
飼い主さんご一家もなんだか嬉しそうでした。
Dianaちゃん。女の子ですね。


雨もやんだので、ぼちぼち観光に出ることに。
ザッハーのお隣はカラヤン先生のご生家。
先生、貴族の御家柄だったんですね…
DSC02305.jpg



斜め向かいはモーツアルトが住んでいた建物。
現在はモーツアルトが使用した楽器等を収蔵した博物館になっているのですが、
なぜか、(誰の何かにもよりますが)そういう場所やもので「ああ、ここで…」とか「ああ、これを…」とか感動することがないたちなので、あえて中の見学はパス。
DSC02307.jpg



旧市街の中心、ゲトライデ・ガッセ(穀物通り)にやってきました。
観光客でごった返しています。
DSC02311.jpg



通りと通りの間はたくさんのパサージュという通路でつながっています。
なんだか幻想的。
DSC02313.jpg



一年中クリスマス用品のお店のウィンドウ。
DSC02315.jpg



モーツアルト・プラッツ(広場)のモーツアルト像。
どんよりなのが残念。
DSC02319.jpg



ドーム・プラッツ(大聖堂前広場)の観光馬車。
DSC02321.jpg



大聖堂のファサード。
DSC02325.jpg



ここは中に入ってみました。
入り口に「7つのオルガンコンサート」の広告が貼ってあり、
ん?何が7つ?と不思議に思ったのですが、入って納得。
DSC02328.jpg
ドームの4隅に小さなオルガンが1台ずつと、礼拝堂の一番後ろにものすごく大きなオルガンがありました。
どんな荘厳な音色なのか…聴いてみたかったなあ…(しかしあと2つはどこに…)



ゴルド・ガッセをぶらぶら。かなり狭いですが、人が少なくて落ち着く感じ。
DSC02332.jpg
昔は金物細工師が多かったからこの通り名のようですが、今は骨董屋さんが軒を連ねています。




風情ある画廊。
DSC02330.jpg



古いボタニカルアート、心ひかれます。
DSC02331.jpg



近くに、自分が描いたザルツブルクの風景を版画にして水彩で彩色したものを売っていたおじさんがいて、なんとなく足を止めたら、ドイツ語学習のことや3月の震災のことなど、すっかり話しこんでしまい、記念に小さい絵を1枚買ってきました。
露天で物を買うなんて珍しいことなのですが、話も楽しかったし、絵も気に入ってるし、良い思い出になりました。そうだ早く額を買わなきゃ…(額を買ったらお写真Upします)



元祖モーツアルト・クーゲルチョコの老舗、フュルストのウィンドウ。
中は地元民と観光客で大変な混雑でした。
DSC02335.jpg
ここのお菓子はお土産用に買って帰国後自分でも食べましたが、本当に美味しかったです。
日本じゃ買えないし、もっと買ってこれば良かったと思うほど…やはり甘味はオーストリアに軍配か…



ブロート・ガッセ(パン屋通り)にある1350年開業というパン屋。えーと、日本は南北朝時代…
DSC02334.jpg


とはいえ、当日はザッハーのシュニッツエルが効いて、フリュストでもここでもその場でケーキが食べられず…
悔しいので1350年来のパン屋さんでクッキーを買って部屋でのおやつにすることに。
DSC02271.jpg



旧マルクト広場。少し晴れてきました。
DSC02338.jpg



大学広場の市場にやってきました。
DSC02343.jpg
揚げたり、甘くしたり、いろんなプレッツェルを売っていました。
これらを試してないのでなんとも言えませんが、私はフツウの塩味のが好きです。



お花も安い…
DSC02344.jpg
もうリースを売っていて、どのくらい持つの?とかお花屋さんとお話しました。
ちなみに本物の葉っぱで作ったリースは3ヶ月、緑色のままもつそうです。
買ってきたかったけど、ずしっと重かったので断念…
こういうちょこっとしたことが思い出になりますね。



こちらは馬の水飲み場。
1695年に大司教様のお馬130頭のために後ろの岩山を削って造られたそうです。
DSC02349.jpg
ちなみに、この馬の水飲み場一体は Herbert von Karajan Platz、そう、本場のカラヤン広場です。



また穀物通りに戻ってきました。小さい街です。
DSC02339.jpg



今更ですが、モーツアルトの生家も。
DSC02357.jpg



駐車場へと帰る道すがら。
橋の向こうにはザッハーとカラヤン先生の生家。
手前の焼き栗屋台はミュンヘンより風情ありますね…
DSC02360_20111029202946.jpg



ザルツブルク市街を流れるザルツァッハ川。
DSC02362.jpg



振り返ってザルツブルク旧市街。
DSC02363.jpg


少し疲労感も出てきたし、既に夕方に近い時間だったので、今日はこれでバートライヒェンハルに帰ることに。
本当は郊外にある「ヘルブルン宮殿」という庭園に不思議な仕掛けの噴水が沢山あるお城も行きたかったし、何よりホーエンザルツブルク城とミラベル宮殿という定番観光コースも行ってないのですが、まあ縁があればまた来ることもあるでしょう。

いずれにしても日中のザルツブルクは観光客だらけで、もっと早朝や夕方にのんびり街の風情を味わいたいと思いました。次来る時は1泊でもしてみようと思います。



ホテルに帰ってもまだ明るかったのでお散歩に出ることに。
ホテルの全景。本当に山を背負って建ってるんだなあ…
DSC02367.jpg




すぐのところに森に入る散策路があります。
DSC02369.jpg



DSC02370.jpg



ザーラッハ川。
鉱物が溶け込んでいるらしく、白褐色の水色です。
DSC02371.jpg



暗くなってきたので部屋に戻っておやつ…
ザルツブルクの老舗パン屋さんのクッキー
IMG_0274.jpg
お、大きい…
ウィンドーに陳列されているときは他の大きいものと一緒にあるので分からないのですが、
手にとってみると想定外のサイズ…
でもサクッとしててジャムとのバランスもちょうど良くておいしかったです。



おやつ2。
もう定番すぎて…
DSC02381.jpg



夕食兼お夜食。
朝昼がしっかりなので軽めに…
DSC02382.jpg
このビールがまたおいしかったです。
少し濁りがあるのですが、そのぶん風味豊かというか…
(今日立ち寄ったスーパーReweで0.9ユーロ…瓶を返せばいくらか返ってくるらしいので、実質はもっと安いことに…)


明日は天気もよくなるみたい。
いよいよ山岳ガイドさんとのトレッキングです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meineperle.blog111.fc2.com/tb.php/166-6d817260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011 バイエルンぶらり旅 ~山の朝編~ «  | BLOG TOP |  » 2011 バイエルンぶらり旅 ~お留守番のペルレ氏2~

プロフィール

Amochev

Author:Amochev
トイプードルのペルレちゃんの飼育日記執筆中。
ドイツ語学習、天体観測、欧州旅行、コンサート記録なども少し書くかもしれないです。

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (11)
お出かけ (141)
日々 (406)
お花&ガーデニング (21)
ポニーのポーちゃんと河原の仲間たち (67)
動物病院 (10)
食事 (15)
しつけ (9)
お手入れ (32)
用具 (23)
大震災 (17)
引越し (6)
手芸 (23)
月刊 PerPerpe (2)
動画 (6)
トイプーは見た! (9)
かべがみ など (5)
ドイツ旅行記 (31)
英国旅行記 (7)
国内旅行 (17)
帰省 (16)
音楽 (10)
歌舞伎/舞台 (3)
いただきもの (31)
お客さまin仙台 (90)
花散歩 (32)
天体 (4)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。