topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語会 - 2012.07.25 Wed

先日、久々に生の落語を観に行きました。
高校時代の芸術観賞会で一度見て以来なので、久々というよりはほとんど初めて…

日本橋落語会「通ごのみ」
林家たけ平 『らすとそんぐ』
柳家三三 『夏どろ』
五街道雲助 『臆病源兵衛』
-仲入り-
林家正蔵 『仔猫』
柳亭市馬 『鰻の幇間』

落語はCD等でわりと良く聴くのですが、さすが「通ごのみ」、知っていた噺は『夏どろ』と『鰻の幇間』のみでした。

一番「あはは」と笑えたのは雲助さんかなあ…
正蔵師匠の『仔猫』は田舎出の垢抜けない、器量もあんまりよくない、でも働き者の女中さんが主人公。しかも人には言えない秘密を抱えていて、途中から怪談噺のような趣。ハッピーエンドでもなく、なんとも…切ない。

次の『鰻の幇間』も、市馬師匠が冒頭に「幇間の噺は哀愁があるのが良さ」と言っていたけど、話が上手いだけに、鰻をたかったつもりが騙されてしまう幇間が悲哀たっぷりでした。幇間という職業は「たかり屋」というイメージが大きかったのだけど、市馬師匠の説明で、一流のエンタテイナーとして芸の精進が必要な大変なお仕事だったんですよ、ということで、なるほどなあ…と…

というわけで、最後2題が想定外にヘビーでした…が、それもまた独り芝居たる落語の良さを味わうのに良かったかな~という楽しい会でした。


お写真は記事と関係ないですが…お散歩途中で見かけた青い花とペルレ氏。
既に日没後だったので、やはり少しぶれてしまいました。

最近は、熱中症対策で首に保冷材を包んだ手ぬぐいを巻いてもらっています。
DSC04758.jpg


そろそろ外の気温も少し下がったでしょうか…ぼちぼち夜散歩に行ってまいります。






● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meineperle.blog111.fc2.com/tb.php/315-3c4e6336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青い花とぼく «  | BLOG TOP |  » ドイツビールの会

プロフィール

Amochev

Author:Amochev
トイプードルのペルレちゃんの飼育日記執筆中。
ドイツ語学習、天体観測、欧州旅行、コンサート記録なども少し書くかもしれないです。

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (11)
お出かけ (141)
日々 (406)
お花&ガーデニング (21)
ポニーのポーちゃんと河原の仲間たち (67)
動物病院 (10)
食事 (15)
しつけ (9)
お手入れ (32)
用具 (23)
大震災 (17)
引越し (6)
手芸 (23)
月刊 PerPerpe (2)
動画 (6)
トイプーは見た! (9)
かべがみ など (5)
ドイツ旅行記 (31)
英国旅行記 (7)
国内旅行 (17)
帰省 (16)
音楽 (10)
歌舞伎/舞台 (3)
いただきもの (31)
お客さまin仙台 (90)
花散歩 (32)
天体 (4)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。