topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ交響楽団 - 2013.01.09 Wed

inf_det_image_292.jpg

プラハ交響楽団のコンサートに行ってきました。

去年行った来日オーケストラはスロバキア・フィルでした。
発売早々に買ったけど旅行と重なってお友達にお譲りしたチケットはパユとポーランド放送室内合奏団でした。
気がつくと東欧のオケばかり…やはり好きな作曲家がやや東欧寄りなせいでしょうか…


さて、演目は以下のとおり。
ドヴォルザーク: スラヴ舞曲 第9番、第10番、第8番
ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 op.64
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第3楽章 (アンコール)


スラヴ舞曲は敢えて曲順を変えて9-10-8と演奏することで、1つの作品のように仕立ててありました。
もう、目をつぶったって弾けちゃうよ~、と言わんばかりの安定感と迫力☆格好良かった…
曲と曲の間に拍手が入って散漫になってしまったのが少し残念でした。


ショパンのコンチェルトはP席のせいもあってか、オケと重なるとピアノがごちゃごちゃっとなって良く聞こえず残念。
2楽章のファゴットが素晴らしかったです。


チャイコフスキーの交響曲5番は、今まで演奏会で聴いた中で一番良かったかも。
2楽章の冒頭はホルンが肝なのですが、ショパンのコンチェルトではホルンのトップ奏者がいまいち実力を発揮されてない感じ(失礼にあたらないように遠まわしに表現してるつもりです…)だったので、チャイコの5番はどうなることやら…と心配していたら、一部メンバーが入れ替わってました。

そして…うっとりするような素晴らしいホルンのソロ…
首席奏者のZuzana Rzounkováさんという方にバトンタッチしたようです。


壮麗なフィナーレで5番が終わったあと、アンコールでドヴォルザークの交響曲9番「新世界より」の3楽章が始まった時はびっくりしました。

まさか、4楽章もやるんじゃ…と心配?期待?しましたがさすがにそれで終演でした。
そのあとは一緒に行ったお友達とアークの「すし好」で冷酒グラスを片手に「あそこが良かった」「こんな人がいた」と盛り上がり、夜中に解散しました。ああ、楽しかった♪

先日の第九と今日のチャイ5で大満足なので、もう当分演奏会に行かなくても生きて行けそうです。
たぶん…(笑)



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meineperle.blog111.fc2.com/tb.php/446-b9386126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小寒のお散歩スナップ «  | BLOG TOP |  » よくなってきたみたい…

プロフィール

Amochev

Author:Amochev
トイプードルのペルレちゃんの飼育日記執筆中。
ドイツ語学習、天体観測、欧州旅行、コンサート記録なども少し書くかもしれないです。

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (11)
お出かけ (141)
日々 (406)
お花&ガーデニング (21)
ポニーのポーちゃんと河原の仲間たち (67)
動物病院 (10)
食事 (15)
しつけ (9)
お手入れ (32)
用具 (23)
大震災 (17)
引越し (6)
手芸 (23)
月刊 PerPerpe (2)
動画 (6)
トイプーは見た! (9)
かべがみ など (5)
ドイツ旅行記 (31)
英国旅行記 (7)
国内旅行 (17)
帰省 (16)
音楽 (10)
歌舞伎/舞台 (3)
いただきもの (31)
お客さまin仙台 (90)
花散歩 (32)
天体 (4)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。